N0:010 Old Woman Sat Spinning


ばあさん 座って 糸つむぐ
これがお話のはじまりさ

ばあさん 仔牛を 飼っていた
これでお話のはんぶんさ

ばあさん 仔牛の シッポをつかんで
壁の向こうへ放り投げた

これでお話はおしまいさ!。



There was an old woman sat spinning,
And that's the first beginning;

She had a calf
And that's half

She took it by the tail,
And threw it over the wall,

And that's all!
Nursery Rhymes of England LXVIII




いいですねこれ、

 spinning-beginning calf-half tail-wall-ll の韻も素晴らしい。
糸をつむいでいるおばあさんが突如、飼っている仔牛の尻尾をつかんで放り投げるという、
意味の分からないナンセンスぶりに加えて、お話はそれでおしまい。と締めくくる潔さ。

イギリスの有名なコメディ番組、「モンティパイソン」を思い出してしまいます。

イギリスのユーモアって、たぶんこういうところにあるんじゃないでしょうか。




ご意見やご感想などなどはこちらまで

inserted by FC2 system