N0:016 Ome misty, mosty morning

或る朝の事。

 曇り空で、霧深く、やけにじめついた朝だった。

 私は一人の男に出会った。
 男は全身、革の服をまとっていた。

 革づくめのその男は
 帽子も顎下まで隠していた

 やあ、ごきげんよう。
 これはこれは、ごきげんよう

 おや、ごきげんよう。
 またお会いしたね。


One misty, moisty morning
When cloudy was the weather,
There I met in leather;

Clothed all in leather
With cap under his chin,

How do you do, and how do you do,
And How do yo do again!
MOTHER GOOSE the old nursery rhymes


 不可解で、なかなかに不気味な詞です。
 男はなぜそんな蒸している朝に全身革の服を着ているのでしょうか
 そして、顔はこれまた革の帽子で顎の下まで隠しています。

 何故、彼は道行く人にあいさつをしているのでしょう。
 そして「もう一度ごきげんよう」の真意は??

 裏には大きな謎が潜んでいる。と思うのは私だけでしょうか?





ご意見やご感想などなどはこちらまで

inserted by FC2 system